技術を磨く

看護師の技術を磨きたいと思うのであれば、大学病院ではなく総合病院に勤務することをおすすめします。大学病院は医師と看護師の仕事が明確に分かれており、採血は看護師がしますが、点滴やそれ以外の処置はすべて医師が行います。看護師の仕事は本当に看護だけになるのです。もちろんそれが患者と向き合う時間を長くしたり、看護に対して考えることが多くなるでしょう。しかし、大学病院で勤務している看護師は何も出来ないと他の場所からは言われがちです。また、大学病院というのは医療を学問として捉え様々な研究が行われているところでもあります。研究だったり学会も盛んに行われているし。実習生もたくさんいます。そこで働く医師は医学部で教授をしているという人もたくさんいます。ですので、教育や研究、そして最新の医療に触れる機会は多いかもしれませんが、技術を高めることとはまた違います。総合病院では逆に医師は診察しかしないので、採血や点滴などは看護師が担当します。その分看護師に責任がかかってしまうこともありますが、最新の医療に興味のある人は大学病院、看護師の仕事の幅を広げたり深めたり、技術を磨くには総合病院が適していると言えます。また、クリニックなど個人医院は比較的簡単な処置しか行わないので、看護師としてブランクがある人にはちょうどいいと思いますが、クリニックで長く勤務してそれから病院へ、となると中々厳しいものがあるので、挑戦するなら若い内にしたほうがいいと思います。

参考サイト:[医療現場の裏解体新書]