看護師について

“医療の現場には、看護師が必ず必要になります。それは、看護師の仕事は患者さんのお世話をすることになります。そして、医師の手助けを行います。
医療行為ができるのは、正看護師だけになります。准看護師は、医療行為を行なうことができません。それは、資格に違いがあります。正看護師は、国家試験を受験して合格しただけが正看護師になることができます。では、准看護師はどうなのでしょうか。准看護師は、国家試験ではなく各自治体の試験に合格することで准看護師になることができます。
そして、病院は医師だけでは上手くいきません。それは、患者さんのお世話をする人がいないからです。では、どんな事をやっているのでしょうか。それは、ベッドのシーツや布団を交換したりします。そして、リハビリのお手伝いを行います。このような事が医師にできるとは、思えません。また、看護師も勉強しなければなりません。医師と同じく医療行為を行いますから最新の医療知識や医療技術を学ぶ必要があります。そして、医師と同じく夜勤があります。夜勤で体調を崩されす方がいます。なので、体には気をつけて仕事を行って欲しいと思います。
看護師は、動脈注射以外の注射を行なうことができます。その他には、点滴も行なうことができます。動脈注射は、医師だけしか行なうことができません。このように医師と看護師は、毎日が忙しく仕事に追われる毎日を過ごされています。大変だと思いますがやりがいのある仕事だと思います。